ありがとうという言葉の大切さ

私は介護職を始めてまだ1年ですが、その仕事の大変さを痛感する毎日を必死に過ごしていますが、毎日毎日違ったことが起こり、同じ日々を平穏に過ごせることはありませんが、たくさんの方との出会いに感謝する毎日です。また、いつもお世話するおじいちゃんおばあちゃんと他愛もないお話をすることが私の楽しみであり、また、そのおじいちゃんおばあちゃんの健康状態が良いことに喜びを感じます。今日もまた楽しくお話ができてよかったと思うのです。それと同時に、いつもおじいちゃんおばあちゃんは、私に「ありがとうね〜」と笑顔で言ってくれます。私はその言葉、そのイントネーションを耳にするだけで、自分の胸のうちからすごく明るくなる感覚で、笑顔がこぼれます。介護職って、本当にしんどいことばかりで、こんなに重労働だとも思っていなかったので、正直心折れそうになったことは何度もありました。でも、そんな私を支えてくれた方は他でもなくおじいちゃんおばあちゃんでした。それがとても心強くもあり、私を奮い立たせてくれたのだと思います。まだ1年ほどしか働いていませんが、私これからもこの介護職を続けて、おじいちゃんおばあちゃんを元気にさせれあげれるよう、ありがとうという言葉の大切さを感じて一生懸命頑張りたいと思います。